初めての天体観測「何持っていこう?」(✍もりもり)

Ⅰ. 自己紹介

一応第1回目ということで、軽く自己紹介をしておこうと思います。

どうも皆さんこんにちは!もりもりです。

大学時代は沖縄で星にまみれた生活を送り、現在は地元大阪へ戻ってきて普通に働いてる人です。

 

一応、星空案内人(準じゃなくてちゃんとしたほう)の資格も持っており、めんどくさいと言いつつぼちぼちしゃべることが大好きなやかましい星のソムリエ®をやっております。

いつかは大口径ドブソニアンを使っていろんな暗い星を見てみたい!と思いつつ、いろいろ勉強中です。

星に関する遊び、見方は一通り通ってきているので、イベント等でお会いした際は気軽に色々聞いていただけると!

 

星宿ツイッターの中の人でもあります。

 

1. 星宿内での見つけ方

 

こんな変な望遠鏡を出してる人

 

車出してる人

 

泊まりor朝帰りのイベント集合時に
行きしなで美味しいもの買えるとこないか全力でググってる人
(またはナビにその寄り道先入ってる)

またはイベント時にめちゃくちゃ喋ってるシュッとしてる男性がもりもりです。

 

2. 担当コラムのざっくりとした内容

 

そんなもりもりが担当するコラムは、初心者向けに天体観測で役立つ道具や気をつけるべきこと、あとは星や望遠鏡関連です。

(今思ったけど範囲広いな。ネタ切れにならんからええけど笑)

実際使ってる物、使用していた物の使用感を含めた紹介を。

はじめに

初めに断りを入れますが、完全に独断と偏見かつ使用感紹介は当たり前ですが実際使った事ある物になります(´・ω・`;A) アセアセ

えっ有名なあの道具もあるのに何故出てこないの?

とかあるかもしれませんが、無責任に使った事ないものの紹介はしたくないのでご了承ください。

 

Ⅱ. 本題 初めての天体観測「何持っていこう?」

 

それでは本日のテーマ。

初めての天体観測「何持っていこう?」についてお話していきましょう。

今回は天体観測にあまり行ったことがない初心者の方に是非持っていってほしい道具、物【必須級】【プラスα】の2つに分けてご紹介!

 

1. 必須級

 

防寒着、ウインドブレーカー【ほんとにほしい!】

 

ほんとにこれは星を見に行く全人類が常に持っておいてほしい道具ですね。

風が強いとほんとに夏でも寒いんですよ。

 

 

星宿のイベントでも昼間に暑いので意気揚々と半袖半パンで集合して、夜星見る時間帯になると寒くて車から出れない。。。

そんな経験をしたことある人がもしかしたらいるかも知れません。

いくら星が綺麗でも寒いと全く集中できないし、ぜーんぜん楽しくないですからね^^;

こんなこと言ってるもりもりも大学1年のとき全く同じことをしていて、九州一周してるときです。

宮崎にあるとある山に天測へ行ったのですが

 

(当時の写真)

ほんとこの写真に写ってるぐらい目で見てきれいな星空と出会うことができたのですが、いやー最高の星空でしたよ笑

まぁ寒さも最高だったんですがね…((゚゚((Д))゚゚))

(ちなみに最高の星空は先月の大台ケ原になったので今は2位ですね)

 

当時は天体観測始めたて
あまり防寒を考えておらず
30分でギブアップ
もったいないことしたなぁ
と今でも後悔しています…

 

初めの頃、天体観測を切り上げるタイミングって天気、電車などの移動制限を除けば飽きるよりも寒さによる撤退が多いんですね。

みなさんは同じ轍を踏まないよう
ぜひ、防寒着、夏ならウインドブレーカーでも良いかもしれません。

風を防ぐだけでもかなり変わりますので、ぜひ一着所持していただけると!

 

防寒具やカイロを持っていき暖かくするだけで素晴らしい星空を長く楽しめちゃいます!

 

ちなみにもりもりは天測行くときは常にこいつをザックに忍ばせています。

 

UNIQLO:ウルトラライトダウンジャケット
(一家に一冊はある野帳と比較)

 

流石にこれは夏の防寒着として暑いので、そろそろウインドブレーカーもほしいなぁ

モンベル行くかぁ、、と思う、今日このごろです

 

そうそう、R3年の3月にリベンジ九州一周してきましたがガチガチ(雪国ほどではないですが)に防寒していった結果、余裕で一晩の観測に耐えることができました!

そのお話はまたどこかで。

 

ライト

 

天体観測ってもちろん暗いところでしますよね。(゚ェ゚(。_。(゚ェ゚(。_。*)コクコク

もりもりは集中するとぽけーっと空眺めてて集中切れたときには「よし帰るかぁ」となるわけですが、

なんやかんやでみなさん

車の中から備品取り出したり
トイレに行ったり
コーヒー作ったり
カップ麺作ったり
ココア作ったり
たまに練り物焼いてみたり

といろいろすると思うんです。

 

そんなときにもちろんお持ちのスマホのライトでも大丈夫なわけですが、ぜひ暗いところを照らす何かしらの光、ライトを一つお持ちいただけると良いのかなぁと思います。

 

 

おすすめは一番左のヘッドライトタイプです。

髪型を気にするそこのあなた!

頭につけなくても首にかけれるし両手がフリーなのでお勧めです。

 

天体観測なのにライト持ってって他の人に迷惑かけるんじゃないか?

怒られるんじゃないか?

と思われる方ももしかしたらいるかも知れませんが、そんなの少しずつ慣れれば良いと思うのです。

個人的には天測って安全面が一番重要だと思っていて、暗い中バタバタ動いて怪我や遭難される方がよっぽど迷惑になります^^;

なのでぜひ懐中電灯でもランタンでも何でもいいので一つは持っておいてほしい道具になりますね!

 

もちろんイベント時に忘れてもお貸ししますが、ぜひご検討ください(*^^*)

ライトについては第2回でまとめてますのでそちらも見ていただけると!

好き勝手人に向けて照らすのはダメですが安全のために足元、または少し離れた進行方向を照らす分には怒る人なんていませんよ。

 

 

虫除け

 

 

これは言わずもがなといいますか、特に梅雨や夏はめちゃくちゃムシいます。

ずっと耳元で「ぶーーーーーん」と忌々しい音を聞かせてくれますね。

めちゃくちゃ噛まれるタイプなので季節問わず常に持ち歩いています。

 

でも天体観測で忘れるものリスト上位に食い込む道具でもあります。

 

なので皆さん
「虫除け」持ってきましょう
リスクは分散しましょう

 

刺されると嫌でしょ?

 

2. あると嬉しいプラスαで楽しめるもの

 

マット、敷物

 

星って頭の上で光ってるでしょ?

なのでなかなか立ってゆっくり見るってしんどいんですよ。

(いやそれで満足する人もいるので一概には言えませんが)

 

もりもりは寝転びながら座りながらのんびり双眼鏡で星見るのが好きです。

なので個人的にはマットはmust級で重要な道具だったりします。

あんまり汚れとか気にしないタイプなので地べたにそのまま寝転ぶこともありますが、地面の状況によっては嫌なときもありますよね?

石ころいっぱい、湿気でぐしょぐしょだったり。

 

そんなときにブルーシートやマットがあるとめちゃくちゃ快適に天体観測できるので、ぜひ興味ある方はチェックしていただけると!

 

ちなみにもりもりはキャンプもしてるのでなかなかお高いものを使っていますが、

あーでもこないだ初参加の人に「なんか暖かくないですか?」って言われて良いものは良いんだなぁとしみじみと感じておりました。

寝転んでみたい方はぜひお声がけを!

というか
こんなもっと安いのでも大丈夫です!

車じゃないしこんなの運べないよ^^;

って人はお座敷スタイルのこちらもおすすめ!

 

どこでも気軽に座れる(寝転べる)ようになるって言うのがすごく楽で楽しいのでぜひ。

 

食料

 

星見しながら美味しいご飯

いいっすよ?笑
(完全なる個人的意見)

 

てことで
星宿のイベントでは、いきしなに毎回コンビニとか寄ってますが、ぜひ美味しそうなご飯なり飲み物なり買っていき星空の下、仲間内で楽しい話に花を咲かせましょう!

 

星座早見盤、アプリ

 

っていっても今は右(星座早見盤)より左側のスマホとかのアプリですよね。

 

 

イベント参加時に全く有識者がいない時、そんな時はこれらのアプリが効果抜群

知りたい星にスマホを向けるだけであら不思議

あっという間に星の名前や星座が明らかに!

 

Ⅲ. 最後に

 

おそらく、あるといい道具っていうのは

天体観測で
ただ星を見るのか?
写真撮るのか?
スケッチするのか?

など楽しみ方によって大きく異なるし、まだまだ出てくると思われます。

そんな多種多様な楽しみ方がある中でも、全てにおいて持っておくと便利なものを今回はご紹介しました。

 

質問やご相談がある場合。

イベントでも公式ラインでもグループラインでも大人数の前で聞きづらければラインのアカウント友達登録して聞いてくださってもツイッターのDMでも構いませんのでお気軽にご質問ください。

 

防寒具に関してはほんと皆さんもっと知っていてほしい!

寒い寒いと辛い顔の人をどれだけ見てきたか...

 

ではまた。

 

Twitterでフォローしよう