天体観測「愛好会、同好会」の魅力

やっと「天文 サークル」といったキーワードではそこそこ検索にヒットするようになってきた星宿ですが、サークルと同義の「愛好会、同好会」っていうキーワードでは全く引っかからないんですよね。

せっかく天体観測が好きな集まりを探しているのに星宿を見つけてもらえないのは悲しいので、いつもの「サークル」を「愛好会、同好会」に置き換えて複数人で行く天体観測の面白さについて書いてみようと思います。

1人の天体観測と愛好会、同好会の天体観測の違い

1人で天体観測に行くなによりのメリットは、周りを気にせず思う存分天体望遠鏡や一眼レフカメラを駆使して天体観測に打ち込めることです。

一通り初心者の時期を脱して深宇宙の撮影や画像の加工なども楽しめるようになると1人でも朝まで天体観測に没頭したりできるようになります。

愛好会、同好会での天体観測

対して愛好会、同好会での天体観測は圧倒的に初心者の方が多くなります。

そもそも撮影に興味もなく星空をみんなで眺めるのが好きな人や、自分では天体望遠鏡を持っていない人でも人が集まる愛好会、同好会であれば天体望遠鏡を覗くこともできます。

もちろん愛好会、同好会にも天文玄人な方はいます。そういう技術を培ってきた方々にとっては掛け値なしで純粋に自分の作品を楽しんでくれる仲間ができるのが愛好会、同好会の魅力の1つかと思います。

特に天文サークル星宿は同世代の方で集まるので、話も合いやすく気負わずに交流することができます。

天体観測の知識や経験がない方にとっては

天体観測の知識や経験がない方にとっては、いきなりサークルや愛好会、同好会に入るのはきっと勇気のいることだと思います。

話についていけないかもしれない。
上手く居場所が作れないかもしれない。
世代や性別などが合わないかもしれない。

実際、天文サークル星宿に来られる方ももともと知識はなかったけれど天文検定などを勉強してから同好会、愛好会を探し始めたり、参加の決心がついた方もおられます。

例えば、おり姫や彦星といった七夕の知識があるだけでも夏の星座をみるのは楽しくなります。

そういった意味では確かに星座などを事前に知っておくに越したことはないのかもしれません。

ただ、私の場合はですが、何の知識もなく初めてただ見上げただけの満天の星空が一番印象に残っています。

楽しみ方は人それぞれですし、愛好会、同好会に入ってもなお天体観測の楽しみ方は人それぞれ違います。

それでも私が思うのは興味を持ったならそのときが一番物事を楽しめる旬の時期なんじゃないかなぁということです。

天文サークル星宿に限らず、どんな愛好会や同好会であっても初心者歓迎をうたっているところであれば基本的には初めての方でも歓迎してくれるんじゃないかなと思います。

だって、同じことに興味を持った友達が増えるんですもの。
やっぱり何人増えても嬉しいですよね。

趣味は仕事や勉強と違って(人によりますが)新しいことを知る楽しさがあって、また反対に教える側も新しい仲間に知ってもらう楽しさがあります。

もし知識は無いけれど興味のある愛好会や同好会があるのであれば、是非お気軽に遊びに行ってみて下さい。そして愛好会や同好会の方にいろんな知識を教えてもらってあげて下さい。笑

どんな愛好会や同好会であっても、最近から続けて参加していこうっていう決心は必要ないんだと思います。

試しに行ってみて、面白かったらまた行ってみようかな、飽きたら適当に帰ろう。

それくらいの気持ちで十分ですよね。

自分に合うかどうかなんて行ってみないと分からないですからね。

愛好会、同好会に入るタイミング

時は金なりといいますが、今だからできる遊び方、楽しみ方ってあるんですよね。

今、滑り台やブランコで遊べるかと言われたら遊べないですもんね。せいぜいジャングルジム...

子どもの時には子どもの時の、還暦後には還暦後の、今は今の感性でやりたいことをやるのが一番楽しいはず。
親に言われたから。

将来の為に打算して。

たまにはそういうのもいいとは思います。

でも、人生の中心には過去でも未来でもなく「楽しい明日」を据えておきたいと思いませんか。

私たちの吹けば飛んでいくような天体観測愛好会、同好会に入ったらいいという話ではなく、ときには今を楽しむために行動してもいいんじゃないかな。っていう話です。そんなまとめ方で終わろうと思います。

物事にはタイミングっていうものがあります。
ただ、自分にも自分のタイミングがありますから、いつでも周りに合わせる必要はないですよね。
特に同好会や愛好会のルールなんてあってないようなもの。
とりあえず行ってみてから今後どうするか考えた方が早く楽しいことに出会えるんじゃないかなと思います。

今回は真面目なブログ更新ですね(。-`ω-)

ありがとうございました。

たいよう
ご連絡は公式LINEより簡単に送信していただけます。

さそり
もしよかったら1度星宿のイベントに遊びに来てみませんか。⇒星宿とは

Twitterでフォローしよう