祝2018年 明けましておめでとうございます。
しょっぱなからどうでもいい話ですが、年末年始は乃木坂ちゃんがレコ大、紅白、CDTV、格付けとたくさん見られて非常に満足しとります、HIDAです(`・ω・´)(キリッ
昨年は天候に恵まれず、満足いく天文活動ができませんでしたね〜
個人的なストレス発散の為、年末年始は個人で天体観測合宿してみました。
普段は望遠鏡覗いているだけなのですが、メンバーのカメラ普及率が増えてきたのでちょっとだけ興味を持ち、先輩からカメラを奪い取って天体写真に挑戦してみました。
素人感丸出しですが、まじめに勉強して撮影してみたので活動記録としてUPしま〜
ちなみに年始はスーパームーンらしいので月も撮っておこうか。。。というか月が明るすぎて天体写真には向いてない条件だが。。。まあ挑戦。まじめに記録も書いていきます。

[ ①機材紹介!!]

2枚目写真参照
カメラ:Canon Kiss x4、レリーズ付き
レンズ:EFS18-135mm
三脚:Velbon cx 444
ポータブル赤道儀:サイトロンジャパン Newナノトラッカー
減光フィルタ(太陽撮影時用):Kenko PRO ND100000 82mm

[ ②スーパームーン ]

年始からスーパームーンとは、縁起がいいですね(気がするだけです。。。
今回のカメラ仕様では拡大撮影は出ませんでしたが、天気も良く綺麗にクレーター込みで撮れました。
トップ写真参照。
( 露出時間:1/800s ISO:100 F値:6.3 )
天文サークル

[ ③太陽 ]

特に現象があったわけではないが、先輩が皆既日食用の減光フィルターも購入していたのでついでに撮影しました三┏( ^o^)┛
太陽光を減光・遮断し、丸く映っているだけですが黒点活動が活発になれば黒点が写るイメージですね〜
ぜひ、皆既日食・金環日食時に使って撮影してみたいですね^^
順番通りに上がっていれば3枚目の写真参照
( 露出時間:1/800s ISO:100 F値:6.3 )
天文サークル

[ ④秋の星座たち。。。 ]

冬ですが秋の星座に挑戦しました。。。冬の星座はスーパームーンと共に昇ってきて、共に沈んで行ったため撮影叶いませんでしたpq
秋の星座を目視で探すのは難しいです><撮影時もカシオペアを狙ってましたが広角で撮ると意外と映り込んでくれてました(笑)
露光時間4分間と初めての追尾撮影に挑戦ですが、そこそこ撮れています。残念なのは月が明るすぎて全体が明るくなり、小さい星をとらえられなかったことですね。。。
天文サークル
秋の星座は難しいので2枚目に星座の線を結んだものを挙げてます。
( 露出時間:4分 ISO:100 F値:4.0 *月が明るすぎたのでISO値は下げてます )
どうでしょう、初心者にしてはまあそこそこの写真が撮れたきがする(`・ω・´)(キリッ
是非新月のタイミングで撮ってみたいね〜
今回使用したポータブル赤道儀は星空追尾機の中では安価な物となりますが、まぁ個人で積極的に購入に踏み切るものではないと思います。
自分が今後星宿の観測に参加するときは持ち込む予定ですので、是非参加いただいたときにみなさんも使用してみてください^^
天気さえよければ初心者でも1日で撮影はできると思われます(`・ω・´)(キリッ
最後にタイトルについてですが、私が観測していたここ数日の夜空は非常に晴天でした!そうです!どうやら私は雨・曇り男ではなさそうです^p^ノシ
天文サークル
Writer:HIDA

たいよう
ご連絡は公式LINEより簡単に送信していただけます。

さそり
もしよかったら1度星宿のイベントに遊びに来てみませんか。⇒星宿とは

Twitterでフォローしよう