6/1-2優しく光る海と光る気の無い空

 

姫路港から40分。

ちょっとした山越えを経て綺麗な入り江のロッジに20名ほどで泊まって来ました。

青く光るという海を期待して覗きに行ってみたところ、、

 

 

海はちゃんと光ってました!

...ね?光ってましたよね??

なんというか、、ホタルのような。

消え入りそうな感じ...というか波が来た瞬間だけチカチカと。

写真に残せないほど慎ましやかに。

なんでも引き潮の時の方が夜光虫が露出してたくさん光るらしいですね。

 

そしてこの日はずっと雲がかかっていていて空の方の光はたまに北斗七星が薄っすらとみえるくらい。

せめて惑星くらい出てくれたら望遠鏡を出しても良かったんですけどね。

カメラの性能で目視ではほぼ見えない星を力技で残したのがこちらです。

 

 

なので、ここから離島イベント日記は「星要素抜き」でお送りします(°▽°)

天体観測は天気次第ですからね、めげずに数をこなすのが一番!

というわけで、

人狼サークル再来!

星宿は曇ったときのため、数々のカードゲームやジェンガ、ミニ望遠鏡や月の模型などを取り揃えてありますからね✨

ただ曇ったらプラネタリウム持って行きますと言いつつプラネタリウムを持って行った試しがないのがバレていたので、次回までには家庭用プラネタリウムを買っておきます。

 

 

ええ...ちゃんと買ったら報告しますとも(;´・ω・)

⇒6/4追記 買いました!それも...3つ。笑 お楽しみに!

 

そんな感じでとりあえず2チームに分かれて人狼の儀式をこなしたら夕食へ。

⇧なんかカッコいい雰囲気ですがダメ、絶対。ミニ望遠鏡とはいえ目を火傷します(。-`ω-)

 

その施設で採れた鯛のお刺身にメバルの煮付けといったご当地の新鮮な素材を使った定食をいただきます。

食べた後はそのままお風呂へ。

で、ですね。

 

無いんですよ、施設にドライヤーが。。

 

いやー焦りましたね。

シン...とね。空気が凍るんですよ。

誰もドライヤーを持ってきていないようなら本土まで泳ごうかと思いました。

同日その施設を利用していた労働組合のおじさん方に聞いてもドライヤー持っていないんですもの。

「ロッジに来たら扇風機で乾かしてあげるよ!」って。

あるよ!扇風機は!
どのロッジでも!脱衣所にも!

...

結局1人だけメンバーが持ってきて下さっていたので、一応何とかなった...のかな?

ほんとうにすいませんでしたm(__)m

 

 

m(__)m

 

 

 

m(__)m<いやホント

 

 

何がダメってね。

イベント案内時の文

 

イベント案内時にドライヤーがあるって書いてるんですよ。

弁明のしようもありません。

1年前から予約してるんで、書いた経緯も正直曖昧で。。

以後、以後気を付けます(´;ω;`)

 

 

うん。じゃそういうことで。話を戻すと入浴後には光る海を楽しんだり、浜辺に寝ころんで空を眺めたり(※星はほぼ見えてない)して離島を満喫しました。

 

 

ロッジからの景色がこれですからね。

 

これ当日撮った写真ですからね。

なんていうか主人公が流れ着きそうな無人島でしょ。

入り江なんで波も穏やかで、結構岩肌が見えていたり海も澄んで綺麗なんでカヌーとかカヤックが凄い楽しそうだったんですよね。

来年はそういう遊びも組み込んでリベンジ企画を計画しようかなーと思ったり。

 

あと、ちょっと気を付けないといけないのはイノシシ🐗です。

今回もウリ坊が横を走り抜けたりしたそうなので。

そして懇親会では学生のきらきらした側と、アラサーのパワフル(オブラート表現)側の会話内容のコントラストが面白かったですよね。

...もうあんまり年齢とかには触れない方がいいのかな?なんか睨まれてる気がします。

 

 

まだ全員10~20代なんで全然皆さんきらきらですけどね。星宿はきらきらサークルです。

1筆ずつ書いていく芸術家デッサンをしたり。

10人に見つめられた中でジェンガをしたり。

こういうゲームを通じて皆さんのキャラクターが自己紹介の比じゃないくらい浮き出てくるんですよね。

アドバイスという体の煽りが凄い。笑

 

 

そういえば今回は教職関係の方が多かったですね。

教育学部だったり、学校で天文部を受け持っている先生もいたりして。

ダンスができる方にギターを引ける方、でかいバイクを買った方にドッペルゲンガーを見つけた方。

特にゴリラに成りきれる方は尊敬しました。

あ、男女で名前1字違いっていう珍しい事もありましたね。

でもこれだけ全然違うみんなが集まるんですから面白くないわけがないですよね。

そりゃあ星が見えたら尚よかったんですけどね。

曇りにめげずにまた遊びに行きましょう✨

曇るときは3回でも5回でも連続で曇ったりするんですけどね( ̄ー ̄)

 

帰りの日も船着き場でカニを探したり、釣りのおじさんにプレッシャーを与えたり、写真を撮ったり。

 

そして、フェリーに乗って帰路に着きました。

 

みなさんテキパキと動いて、率先して助けて下さるので人数が多かったのに本当にのんびり楽しむことができました。

素敵な時間をありがとうございました(*^^*)

強いて言うなら次までに晴れ男、晴れ女エネルギーを溜めておいて下さいm(__)m✨

うちの屈強な曇天さんを打ち負かしましょう!

最後に、行きのフェリーが満員で席が取れずに荷物にまぎれる事を選んだ優しい方の写真を。

 

たいよう
ご連絡は公式LINEより簡単に送信していただけます。

さそり
もしよかったら1度星宿のイベントに遊びに来てみませんか。⇒星宿とは

Twitterでフォローしよう