2017-11-18
11/03更新しました。土曜日に変更です。
11/10
更新しました。観測地を変更です。

集合日時: 11/17(金)18(土) 19:00頃
開催場所:猪名川天文台
三田市野外活動センター&天体観測所

☆観測候補地は参加者と相談の上決定します。☆
いつも通り、参加される皆さんを順に車で拾いながら観測地へ向かう予定です。
解散:自由
猪名川天文台で天体観測
猪名川天文台より車で10分ほどの所に三田市野外活動センターがあります(#^^#)
梅田から1時間10分の場所にあり、比較的お手軽に向かうことができます。
※当日このルートを通るわけではありません。

D1H企画第3弾!獅子座流星群☆極大観測!

11月も半ば、冬の星座も楽しめる時期に入ってきました。11月といえば晴れる日が多くて寒すぎるわけでもなく天体観測が楽しみやすい時期ですね。

台風も去ってようやく秋らしくなってきましたね。夜は寒くて空気も乾燥してきたのを喉の痛みで感じられるようになった20代半ば。人生で一番若い今、今のうちにいろんな楽しいことを経験しておきたいと思い始めた今日この頃です。

是非、時間を持て余しているなら"星宿"へ遊びに来てくださいね(#^^#)

10月のオリオン座流星群に引き続き、11月のしし座流星群の極大日もなんとほぼ新月です。今年はマイナー流星群が頑張ってくれていますね。あとは天候が頑張ってくれるかどうかD1H(どれか1日くらい晴れるだろう)企画も最終日、正念場です(。-`ω-)

しし座流星群は,1833年に大出現を見せ,2001年に日本を含むアジアで1時間あたり2,000個の大出現を見せました.火球が多くとても見応えのある流星群です.この流星群が出現する度に,流星天文学が飛躍的に進化し,流星群と彗星の関係性や出現予測の理論など大きな影響を与えました.
一転して,活動期以外の時期は出現数は激減し,1時間あたり数個~10個程度まで落ち込みます.
電波観測では,流星の対地速度が速いため,多くのロングエコーが観測され,大出現時はロングエコーで観測画面が埋め尽くされました.一方で速度が速いが故にエコー数は伸び悩み,活動期以外の時期のピーク検出はとても困難です.

イベントへの参加連絡はLINEよりお待ちしております(^^)

 
星宿に参加したい方、ご質問等お気軽にLINE下さい☆彡
もしくはHPのお問い合わせからでも可能です。
よかったら一緒に楽しい天文ライフを満喫しませんか(*^-^*)

たいよう
ご連絡は公式LINEより簡単に送信していただけます。

さそり
もしよかったら1度星宿のイベントに遊びに来てみませんか。⇒星宿とは

Twitterでフォローしよう